smileUP

キレイの近道

ツボを温めて全身ポカポカ

体を守る「骨盤温活」

2021.12.17

女性の不調に必要なのは骨盤ケア

月経痛や月経不順、…特にPMSの不快な症状は近年よく知られるようになりました。
実はそれらの症状は『ない』のが普通。
日照時間の短い冬は特に症状が悪化しやすい時期です。
女性特有の不調を感じる方は、ぜひこれをきっかけに向き合ってみましょう!

骨盤は体を支え、
臓器や太い血管を守る重要な部位

骨盤はへそから下、太ももより上に位置しています。
骨盤の歪みが美容に影響するといった話題で意識された方もいらっしゃるでしょう。
お腹の下側に存在する骨盤の中には、膀胱や子宮に卵巣、大腸や小腸などのたくさんの重要な臓器が存在しています。
また、骨盤内では大動脈や腸骨動脈などと呼ばれる多くの太い血管も守っています。

体の中心部にある骨盤は、本来冷えにくく臓器を守る存在です。
しかし、冬の寒さや現代社会でのストレスによって自律神経が乱れると、骨盤が冷えてしまいます。
特にお尻に冷えを感じる方は、骨盤全体が冷えているサイン!
臓器や血管が冷えると、PMS症状…月経痛の悪化を引き起こしてしまいます。

大きな骨である骨盤ですが、ツボを利用することで効率的に温めることができます。
不調が気になる時は、ぜひ取り入れてください。

お尻の上にあるツボで
ポカポカアプローチ

温めるときにまず行いたいのが自分の手を当ててみること。
もちろん、手が冷えている方は温めてから行ってくださいね。
自分の手のひらから伝わる体温は、思った以上に冷えた骨盤、お尻を温めてくれます。
それでも難しい場合はカイロを利用したり、ひざ掛けなどで寒さをガードする方法がおすすめです。

骨盤を温めるツボ 次髎 背骨を伝いながら下に降りていき、一番下のあたり さらにプラスするなら…月経前の10日間は意識的に骨盤を温めると◎腰からお尻まで覆える履くタイプの腹巻きを履いたり、お尻を温める湯たんぽを利用したり、ゆったりとお風呂に浸かって体の中から温めることも♪

日頃のケアで不調を取り除こう

お尻はしっかりと筋肉や脂肪で守られていますが、一旦冷えると芯から温めるのに時間がかかるパーツです。
骨盤を冷やさないためには、日頃から意識をしてお尻や腰回りを温めることが大切!
カイロなどを使った重点的なアプローチはもちろんですが、トイレに入ったときに手のひらで温めるようにしてみたり、椅子に座っている間は腰回りをガードしたり、ちょっとした心がけで女性特有の不調を軽減することにもつながります。
『痛みがないのが普通』を合言葉に、普段感じている不調がなくなるように、ちょっとしたアプローチを積極的に取り入れてみてくださいね!

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

smileUPカテゴリ一覧