smileUP

smileLIFE

はたらくみんなのコラーゲン

第2回

初級編 美容への働き・後半

2021.7.28

初級編 美容への働き 後半 Collagen beauty

体内の全たんぱく質の約3分の1を占めるコラーゲン。
前半に引き続き、体のあちこちで重要な役割を果たしているコラーゲンの
美容への働きをご紹介します。

肌の新陳代謝を円滑に促す

肌の土台「真皮」の約7割をコラーゲンが占め皮膚組織を構築し、様々な影響を及ぼしています。
真皮のコラーゲンが満たされていることで、肌の新陳代謝の元となる基底細胞の機能を支え、弾力のあるみずみずしい肌が保たれます。

新しい細胞は、表皮の一番奥でつくられ、上へと押し上げられて、最後にはアカとしてはがれ落ちていきます。 コラーゲンが不足すると…肌コンディションが悪化シワやシミ、くすみも…

美しい髪や爪を育む

髪は頭皮から生まれます。
また、爪は皮膚の一部が変化して硬くなったものです。
肌(皮膚)が健やかな状態であるからこそ、健やかで美しい髪や丈夫な爪を育むことができます。

コラーゲンが不足すると… 髪のハリやコシが失われ、切れ毛、薄毛に 爪は薄く弱くなり、折れ爪や二枚爪に

体内のコラーゲンは毎日消費され、加齢や生活習慣、外的刺激などによってどんどん減少していきます。
美容と健康に欠かせないコラーゲン摂取を日々心がけましょう♪

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ