smileUP

smileLIFE

花と季節を楽しむ

5月 若葉薫る季節

2021.5.7

5月は〝風薫る〟と表現されるように、新緑の若葉の薫りを風がまとい運んできてくれるような爽やかで心地良い季節です。
5月と言えば端午の節句。
今では飾られているお家も少なくなりましたが、鯉のぼりが大空で風にたなびき泳ぐ姿を目にすると、なんだかエネルギーをもらえたような気持ちになれます。
端午の節句は、菖蒲(しょうぶ)の節句とも呼ばれています。
菖蒲は、この季節になると、近隣の庭先や大きな公園などで見かけることの多い植物です。

菖蒲には『ショウブ』と『アヤメ』のふたつの読み方があります。
菖蒲といえば、この季節に咲く青紫色などの花を思い浮かべる人も多いかもしれません。
しかし、菖蒲湯(しょうぶゆ)などに使う菖蒲と、花を咲かせるものは、実は全くの別物。
葉が良い香りの菖蒲はサトイモ科に属し、花を咲かせるのはアヤメ科に属する菖蒲です。

サトイモ科の菖蒲は、葉に強い芳香があり、古くから端午の節句にヨモギと一緒に葉を束ねて湯船に入れる『菖蒲湯』などに利用され、健康を保ち、邪気払いや厄払いをする力があるとされてきました。

一方で、花を咲かせるアヤメ科の植物はアヤメ、カキツバタ、ハナショウブなどがありますが、区別がつきにくく、「いずれ菖蒲か、杜若(かきつばた)」という慣用句もあるほど。
花の見頃は種類によって5月上旬から7月上旬頃までに及びます。
生えている場所や花の模様などの違いがあるので、見分け方を調べて覚え、花を見かけたときにどの種類かわかるか試してみるのも面白いかもしれません。

菖蒲の花は、姿形や花の色合いに落ち着いた雰囲気があり、端午の節句には生け花の花材に使われたりと、格式高く感じて敬遠しがちですが、お部屋のイメージに合わせてぜひ気軽に飾ってみてください。
長い花瓶がなければ、短いコップなどに合わせて短く切って飾っても大丈夫です。
洋風の花や花瓶と合わせても可愛く飾ることができます。
自由な感性で季節の花を楽しんでみましょう。感じることからしあわせは始まります♪

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ