smileUP

ふるさととっとり

ふるさと鳥取の四季 大山の懐に抱かれて

日本海を望み、中国地方最高峰・大山の裾野にある
エミネットの故郷の四季折々の表情をご紹介します。

2月

まぶしい冬晴れの朝

2021.2.17

雪原の放牧場から望む朝の大山

雪原の放牧場から望む朝の大山(だいせん)

新雪にすっぽり覆われた朝の大山。
何処までも透き通る青空を背景に、雪原が眩しい。
そんな広大な雪原の先にスクっと聳(そび)える大山の峰は弥山(みせん)。
仏教の宇宙観で、世界の中心に聳え立つという巨大な山・須弥山(しゅみせん)から導かれた山名です。

この写真を撮影した日は、前夜からの降雪は標高300m以上で、平野部の米子市内ではまったく降りませんでした。
雪のない街の中心地からここまで車で30分。
心地良い雪上ドライブも身近。
『雪が降ったら大山ドライブ』お薦めです。

Photo & Writing:石村隆男
大山ワンダーフォーラム・コーディネーター

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

smileUPカテゴリ一覧