smileUP

smileLIFE

チョコレート好きさんに朗報☆

チョコで肌も心も幸せに♪

2021.2.10

自分にこそ贈りたい♡チョコのパワー 毎日食べて美肌をゲット!

バレンタインデーが近づき、チョコレートの匂いに包まれる季節になりました。
実はチョコレートは、美容にも心にも嬉しい食材♪
美味しく幸せな時間を過ごすお供に、上手に摂ってみましょう♡

甘美な味に魅せられて…チョコレートの秘密の力

きらびやかなパッケージに包まれて、街にチョコレートがあふれるバレンタインデーの季節です。
2月14日に消費するチョコレートの量は、日本の年間消費量のなんと2割程度を占めるそうです。
最近では友チョコ、ご褒美チョコなども増えたので、男女関わらず家で食べる機会も多くなっていますね。

そんなチョコレートですが、以前は〝太る・肌に悪い〟…など、美容面ではあまり良いイメージをもたれていませんでした。
ですが、カカオ高配合のチョコレートは近年注目を浴びています。
食べ方や成分に気をつければ、とても高い美容効果を得ることができるチョコレートについて、チョコっとおさらいをしてみましょう♪

チョコレートの主な材料は、カカオマス・ココアバター・砂糖・乳製品の4つです。
この配合の違いによって『スイート』『ミルク』『ホワイト』などの種類が分かれます。

その中のカカオマスには、肌をさびつかせたり、様々な病気の原因にもなるといわれる活性酸素の働きをおさえるポリフェノールが豊富に含まれています。
アレルギーの抑制やストレスに対する抵抗力を高める効果も。
また、意外に多く含まれているのが便通を改善し肌荒れを防いでくれる食物繊維。
板チョコ1枚に約2gも含まれています。
さらに、チョコレートの甘~い香りには集中力や記憶力を高める効果が。
テオブロミンという成分には神経を鎮静させる作用があると言われています。

家事やお仕事の合間に食べてホッとひと息つくのにぴったりですね☆

合言葉は〝チョコちょこちょこ食べ♪〟

チョコレートは体に良い成分がたくさん含まれていますが、高カロリーな食べ物には違いないので、食べすぎには注意をしましょう。
一日50gを目安にしてください。
美容のためにはカカオマスが70%以上含まれている『ビターチョコレート』を、食前に少し食べることがオススメです。

脂肪をため込みにくい午後3時前後の時間帯もOK!
ポイントは、良質のチョコレートを一日数回に分けて少量ずつ食べること。
上手に食べて、幸せなひと時を過ごしましょう。

美容に気を遣う人が増えた昨年から今年。
『おうち時間』を楽しみながらも、ちょっぴりストレスを感じている方も多くいらっしゃると思います。
美容だけでなく、ストレスの緩和にも役立つチョコレートを楽しんで、春に向けてリラックスした時を過ごしましょう♪

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ