smileUP

smileLIFE

セラピスト・安井 笑美の心のエステルーム

冷え性対策には体質を知ろう!

2020.12.23

あなたの体は陰性?陽性?
安井 笑美

心と細胞のセラピスト 安井 笑美 心と細胞に直接届く色と光のセラピー『カラーパンクチャー』などを施術する女性専用サロン「セッションルーム・LUNA(ルナ)」を東京にて開設。企業から個人まで、幅広い視点でのカウンセリングを行う。日本各地での出張カウンセリングも。カラーパンクチャー国際プラクティショナー/NPFナチュラルパワーフード(重ね煮)協会代表/パワーストーンコーディネーター/マヤ暦リーディング愛好家/子宮インナービューティーセラピー セラピスト など
http://luna104.net/

体質を知って、内臓からポカポカ対策

冬本番がやって来ました!
「冷え性だから」と、靴下の2枚履きやセーターの重ね着、カイロに入浴剤…と様々な対策で冷え対策を行われていることでしょう。

外側からのアプローチも大事ですが、内臓が冷えてはいませんか?

女性の体は内臓や子宮を守ろうと脂肪がつきやすい特性があります。
脂肪には毛細血管が少なく水分も多いため、脂肪が多いと体がどうしても冷えやすくなってしまいます。
自分の体質を知り、内臓からのポカポカ対策を始めましょう。

『陰性』と『陽性』ふたつの性質

人間の体質には『陰性』と『陽性』があります。

陰性』は女性に多く、肌が白く寒がり。
肩こりや腰痛など、いつもどこかしら不調を抱え、太ってしまうとぽっちゃり水太りタイプになり易いです。
陽性』は血色が良く筋肉質で暑がり。
男性に多く、食欲もしっかりありますが、中高年になると生活習慣病に気をつけた方が良いタイプです。

食べ物にも『陰性』と『陽性』があります。

陰性』の食べ物にはトマト、きゅうりなどの果菜(かさい)類、きのこ類、豆腐、白砂糖、バター、牛乳、白ワインなど。
陽性』は牛蒡(ごぼう)や蓮根などの根菜類、胡麻や魚類や肉類全般、塩、味噌、醤油、黒砂糖、赤ワインなどがあります。

体質が『陰性』の方は『陽性』の食べ物を取り入れて中庸(ちゅうよう)に整えることが大切。
体質が『陽性』の方は『陽性』の食べ物を摂りすぎると、体が温まりすぎ、血液が濃くなってしまうので気をつけましょう。
しかし、なによりまずはバランス良く摂ることが基本です。
陽性』の体質の方は『陽性』の食べ物を摂取してはいけない、などという意味ではありません。

普段は聞き慣れない『陰性』と『陽性』の話。
自分の体質を考えたことがなかった方には、体の中からのポカポカ対策に、ちょっぴり参考になると嬉しいです。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ