smileUP

smileLIFE

感じる心を大切に

心のデトックス

2020.10.14

Something new

なにかを始めるのに〝遅い〟はない

いよいよ秋本番となりました。
食欲の秋、芸術の秋、読書の秋…秋を表す言葉がたくさんあるこの季節。
例年とは違った今年だからこそ、気持ちをリフレッシュするためにも、何か新しいことを始めてみませんか?

例えば『写真』。
キレイだと思った瞬間をスマホなどで簡単に撮って満足するだけではなく、印刷して飾ってみようと意識し始めると、不思議なことに周りの景色がキラキラと輝くように目に映り出します。 また、『絵』や『書道』。
子供の頃、誰しも経験したことのある芸術文化も、大人になるとなかなか自らしてみることは少なくなりますが、久々にトライしてみるのも良いのでは?
他人と比べる必要はありません。
ただ素直に感じたまま、思うがまま、表現すればいいのです。
筆や絵の具など、道具から準備してみるのも楽しいかもしれません。

『運動』も、大きな負荷をかけることが良いわけではなく、散歩をしたり、軽いストレッチから始めてみても。
体をうーんと伸ばしてみると、普段は動かしていない部分に気づくはずです。

秋の夜長に、『読書』や『映画鑑賞』もいいですね。
泣く・笑う・怒るなど、感情の表現はストレスの発散にもつながります。
本や映画の世界に感動したり、悲しんだり…、涙を流すことは、心のデトックス。
大人になっても、たまには思いっきり泣いてみることも必要です。

運動会などで勢いよく走る子供たちの姿を見ると、あの頃のようには走れなくなった今を残念に思うこともあります。
しかし、考えてみると、これからの人生の中で『今』が一番若いのです。
何かを始めるのに〝遅い〟ということはありません。
自分に制限をかけずに、心を開いて、もっと楽しんでみませんか。
新しいよろこびの発見があるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ