smileUP

インフォメーション

2020.8.11

シンガポール発

アジア全土をカバーする〝健康・栄養とサプリメント業界〟に関する見識を紹介する権威あるWEBブランド

NUTRA ingredients-asia.comに天使のララの記事が掲載されました

〈訳〉

〜カバンに入れて〜日本のエミネットは、
タイの液体コラーゲンマーケットに便利な小袋タイプで進出

副編集長 Guan Yu Lim
2020年7月21日
関連タグ 日本、エミネット、コラーゲン、タイ

〈訳〉

日本のブランドエミネットは、
タイでは初めてとなる持ち運びタイプの液体フィッシュコラーゲンで市場に参入。

タイでは、肌に有効なコラーゲン製品はたいへん大きなマーケットであり、市場での年間売上高は約20億バーツ(6400万米ドル)と推定されています。
しかし、タイのほぼすべてのコラーゲン製品は粉末タイプで販売されています。
エミネットの海外事業部ゼネラルマネージャーである仁科裕志氏は、NutraIngredients-Asiaに対し、次のように語っています。
「タイにもすでに、瓶タイプの液体コラーゲン製品はありますが、当社の製品はタイではじめての小袋タイプの液体コラーゲンになります」
「天使のララ」は、常温で保存できる使い切りの液体コラーゲンが小袋に入っています。
2019年10月、同社はタイへの輸出を計画していたが、タイのFDA(食品医薬局)からの承認は2020年6月まで延期された。
通常、タイFDAに食品サプリメント製品を登録するには、約6ヵ月を要するが、仁科氏によると、遅延の理由として部分的にCOVID-19による影響もあったと語った。

〈訳〉

タイの美容

同社の液体フィッシュコラーゲンサプリメントとしては最初の本格海外市場となる。
仁科氏はタイでコラーゲンサプリメントへの高い需要を感じたと言いました:「タイの人々は肌に対して非常に意識があり、美白と美しい肌への強い欲求を持っています。」
彼によると、コラーゲンサプリメントはタイのすべての年齢層の女性に広く消費されています:「タイでは、高校生から60代まで幅広くコラーゲンを摂取しているようです」
彼はまた、現在タイでは高齢化に伴いコラーゲンの関節などへの健康機能に対する需要が最近高まっているものの、まだほとんどの消費者はコラーゲンの肌への利点を求めていると付け加えました。
同社のフィッシュコラーゲンサプリメントは、皮膚の水分量増加と赤みの緩和への影響についても臨床試験で研究されています。
仁科氏はさらに、現在、髪と筋肉に関する同サプリメントの研究も検討していると語った。

〈訳〉

持ち運べるという汎用性

味や匂いのほとんどないこの製品は、お茶、ワイン、フルーツジュース、スープ、シャーベットなど、
冷たいもの熱いもの両方で使用できます。
「タイの人々が普段食べたり飲んだりするものに加えるだけで簡単に摂取できます。
また、外食が多いタイの食文化では、この持ち運びタイプの天使のララはとても便利だと考えています。」
各小袋には1000mgのコラーゲンが含まれており、推奨される毎日の摂取量は1袋です。
サプリメントはeコマースストアを通じて9月から小売りが開始されますが、最終的にドラッグストアへの拡大も望んでいます。
10袋入り1箱で18ドルで販売されます。
同社は現在、タイでの販売が開始され次第、ベトナムにも進出する予定です。
しかし、今年以内に予定されていたシンガポールと香港の市場参入は、COVID-19の状況により遅れる可能性があります。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ