smileUP

smileLIFE

達人に聞く片付け術

リビングのメリハリ片付け!

2020.7.29

誰でも使いやすいが片付けの鍵!

いつでもキレイな家を保つのはとても大変なこと。
今回は、家で一番散らかりやすい場所である「リビング」について、
メリハリをつけて暮らしも楽になる片付け術をご紹介します。
夏の大掃除や、お盆の来客にぜひお役立てください♪

リビングの片付け、お悩みはいっぱい!

リビングは共有スペース。
ひとりの荷物だけではないので、なかなか思うようにならないのが悩みどころです。

リビング片付け…
困った心当たり

  • 自分のものでないアイテムが散らかっている
  • 急な来客で慌てて片付けると、
    後からものが見当たらなくなってしまう
  • 見た目にこだらない収納は、
    便利でも恥ずかしいからイヤ!

こんなお悩み、誰でも心当たりがありますよね。
そこで今回は、今までに寄せられた『お悩み相談』を利用して、解決していきましょう♪

Q使ったら使いっぱなしで片付きません!

A .『使う場所』というカテゴリーで収納を

使いっぱなしで元に戻らないのは、今の収納場所が〝片付けにくい〟ということ。

例えば、リビングで使うマッサージ道具・ウェットティッシュ・美容ケア用品など…別々に片付けがちです。
けれども、〝〜しながら〟使うものと考えれば、収納場所も変わってきます。
テレビを見ながら使うものをまとめて、収納することで「使う&片付ける」がワンセットに。
片付けを面倒に感じなくなり、出しっぱなしを防ぐ楽な収納ができます。 ビフォー どうせまたすぐに使うのに面倒! アフター 楽ちんだから使いやすいし片付けやすい!

Qどこに片付けたか分からなくなって…

A .見て分かる『ラベリング収納』を有効活用

ラベリングとは、〝物〟の案内役。
何を収納しているのか誰でも分かるので、様々な場所に活用できます。

リビングは人目に触れやすいので、普通のテープに油性ペンで書いたラベルは考えもの。
インテリアに合わせたラベリングを利用しましょう。
例えば木やかご素材の収納ケースに、荷物タグをラベルとして利用するなど、美的ラベルとしてオススメです。 使う時も片付ける時もラベルがあるととっても便利です!

Q床やテーブルにみんなのものが散乱して…

A .出し入れしやすい『キャスター付きボックス』で散らかり予防

我が家では、キャスター付きボックスを最大活用しています。
ボックスの中を、A4ファイルケースなどで分割し、雑誌・本・参考書や問題集など、家族別にして簡単収納。

毎日少しの片付け、そして1週間に一度はしっかり片付け!
置く場所や、お掃除のリズムにメリハリをつけると、片付けもしやすく楽になります。 雑誌がたまってきたからそろそろ整理しようかしら 自分のものは自分で片付けなきゃね!

緊急お助け術! とりあえず収納かご

リビングに、急な来客はつきもの。
「とりあえず!」と慌てて適当に片づけしないことがポイントです。
場所を決めずに片づけると、後で探し物になってしまいます。
時間がないときは『とりあえず収納かご』を活用してみましょう。

かごの色別に大まかに分類して入れあとは布を掛ければOK!

リビングの収納方法はインテリアとのバランスを考えながら、
1 出し入れしやすい
2 使いやすい
3 見栄えが良い
4 入れるだけ
5 見やすいこと
をポイントに「収納ルール」をつくりましょう。
家族で過ごす場所だから、いつも快適に過ごしたいですよね♪

監修:谷本恵美くらしラボ代表 整理収納アドバイザー、インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター(商品色彩)としての資格を持ち、現在、専門学校講師も勤める。企業向けや、子育て世代を中心とした整理収納・インテリアの講演会の講師や、色彩心理を取り入れた塗り絵教室なども開催。
http://kurashilab.noor.jp/

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ