smileUP

smileLIFE

達人に聞く片付け術

夏の冷蔵庫クリーンアップ!

2020.7.15

冷蔵庫の整理と掃除で食費&電気代節約

〝安い〟だけで買った余分な物を冷蔵庫に入れっぱなし。
気づけば腐り・乾燥して、捨てることに!!
冷蔵庫は「死蔵品(使われない物)」の溜まりやすい箇所です。
食品が傷みやすいこの時期、冷蔵庫を整理して食中毒対策をするとともに、
〝死蔵品を作らない冷蔵庫〟として活用しましょう♪

エコな冷蔵庫にするための基本!

一年中つけっぱなしの冷蔵庫だからこそ、電気代節約の大きなポイントになる家電です。 冷蔵室と冷凍室では節約のポイントが異なるので、しっかりチェックしてください♪

冷蔵庫

●冷蔵室はものを詰め込みすぎると冷却効果が悪くなり、消費電力が大きくなります。
●冷蔵室を開けている時間が10秒と20秒では消費電力が3%も違うので、欲しいものがすぐ見つかるようになっていることが大切です。

冷蔵室は常に
70%収納を心がけて!

室内が見えやすいと食品の回転率がアップ。
死蔵品を作らないことにもつながります。
また、急ないただき物を冷蔵庫に入れる際にも困りませんよ♪

混在しないように場所を決めておくと探しやすく忘れにくいエコ冷蔵庫に!

冷蔵庫内の温度設定は、で、〝強〟と〝弱〟では約20%の消費電力差があります(一般的な冷蔵庫の消費電力比)。
ずっと同じ設定ではなく、季節などによって時々見直してみましょう。

point 冷蔵室 掃除

マイナス10度前後でもカビがいます。
食品についた〝低温を好むカビ〟は、冷蔵室に入れていても繁殖し、食中毒の原因へつながります。
冷蔵室内は定期的に掃除が必要です。
使い終わった歯ブラシは上をカットして使うとgood! 中性洗剤を薄めたもの、または重曹水(水1Lに重曹大さじ1)を歯ブラシにつけ、冷蔵室内の隅々までキレイにしましょう。

point 冷蔵室 容器の工夫

中身が見えない容器は何が入っているか分からないので死蔵品の原因に。 ガラス容器は、匂いがつきにくく漬物の保存に最適です 一目で「パッ!」と分かる透明なタッパー・ガラス容器で常に中身を意識!

point 冷蔵室 分類の工夫

散らかりやすい小物類や使いかけの食材などは、ケースにまとめることで、探しやすく使いやすく♪
ケースを外に出して探すこともでき、冷蔵室の温度変化を防ぐことができます。
食品添付タレ・使いかけ野菜などそれぞれまとめてケースで管理!

冷凍庫

冷凍庫は詰め込む方が
冷却効果◎

冷凍庫は冷凍されているもの同士が、保冷剤のように庫内を冷やす効果をもつので、詰め込んである方が冷却効果を高めることができます。

グループ分けで探す時間を短縮!

point 冷凍室 消費期限を記載

野菜・肉・魚など、冷凍保存は家事を楽にする方法のひとつ。
けれども、「いつでも食べられるから」と適当に保存してしまうと、やがて霜がついたり、乾燥してしまったり、食べられない冷凍食料へ。
上手に食品を冷凍保存するためには、ほんの一手間。
自分で消費期限を決め、冷凍室へ保存する前に書いておきましょう。
消費期限が目に見えると効率よく使うことができます

point 冷凍室 保冷剤はケースで保存

いざというときのために冷凍室に入れたものの、バラバラと散乱しがちな保冷剤。
冷蔵室の小物類と同じようにケースなどにまとめて保存することで、無駄なスペースをつくらずギュッと詰め込むことができます。

冷蔵庫のスリムな使い方でエコ生活

死蔵品を作らないことは電気代の節約になるだけではありません。
食べずに捨てる食材をなくしたり、買い物の時に買いすぎを防止したりと、食費の軽減にもつながります。
電気代もエコ、食費もエコ!
自分にできそうな工夫から初めてみてくださいね♪

監修:谷本恵美くらしラボ代表 整理収納アドバイザー、インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター(商品色彩)としての資格を持ち、現在、専門学校講師も勤める。企業向けや、子育て世代を中心とした整理収納・インテリアの講演会の講師や、色彩心理を取り入れた塗り絵教室なども開催。
http://kurashilab.noor.jp/

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ