smileUP

キレイの近道

体は水でできている だから うるおす

第1回 生きるために

2020.4.15

In order to live.

高純度液体フィッシュコラーゲン「天使のララ」は、
顔肌の水分量を保ち、潤いに役立つ機能があると実証しました。
では、そもそも「潤い」は私たちにどのような影響をもたらしているのでしょうか。
体に潤いがどう必要なのか知り、今よりもっと美しく健康になりましょう♪

体は〝水〟でできている

成人の体の約60%は水分です。

体重が50kgの女性なら水分はおよそ30kg

体に占める水分の割合は年齢や性別によって差があり、生後間もない赤ちゃんは約80%で、高齢になると50%ほどまで減ると言われます。 体内の水分量の減少は、細胞内の水分の低下が原因で、老化現象のひとつと考えられています。

新生児 約80%が水分 成人 約60%が水分 高齢者 約50%が水分

体内の水分の役割

体内の水分は、血液やリンパ液、汗などの体液として全身をたえず循環しています。 酸素や栄養素の輸送、老廃物の排出、体温の維持・調節など、体内の様々な機能に関わっており、生命の維持のため欠かせない存在です。

体の渇きは〝命〟に関わる

人の体は食べ物がなくても、水があれば1ヵ月近く生きていられると言われています。
しかし、水を1滴も摂らないと、2~3日で生命維持が困難になります。

体内の水分が… 2%失われると 喉の渇きを感じ、運動能力が低下し始める 3%失われると 強く喉が渇き、ぼーっとしたり、食欲不振に 4〜5%失われると 疲労感や頭痛、目眩などの脱水症状が 10%以上失われると 痙攣などを起こし、循環不全で死に至ることも!

喉の渇きを感じたときには、すでに体は水分不足!

成人であれば、食事とは別に1日0.8~1.3Lの水分を、6~8回程度に分け、こまめに摂ることが重要です。
特に朝起きたときや入浴後、就寝前はコップ1杯の水を飲みましょう!
水分補給には、糖分のあるジュースや利尿作用のあるお茶やコーヒーではなく、『水』が最適です。

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ