smileUP

キレイの近道

ヘア&メイク村上智子のビューティースタイル

保湿をするなら
〝インバスケア〟が鍵!

2020.4.10

時短&理想の保湿 in bath care
村上智子

村上智子 ヘア&メイクアップアーティストとして多くの女優・俳優、著名人などを担当。美容のプロとしての徹底したこだわりは業界でも信頼を集め、30年以上のキャリアをもつ。「天使のララ」やスキンケアシリーズなどの愛用者でもあり、2008年よりエミネットの情報誌・エミ通信にて美容コラムを掲載。真の美しさのため幅広いジャンルにアンテナを高く掲げ、独自の視点で厳しく切り込む〝村上流〟美容情報が大人気。

村上智子
村上智子

肌水分量が急激に蒸発し、過乾燥肌になる入浴後

簡単・時短な『インバスケア』、ご存知でしょうか?
直訳すると〝お風呂の中のケア〟。
お風呂の中でスキンケアをする…つまり〝お風呂保湿〟です。

入浴後は肌の角層に浸透した水分が急激なスピードで蒸発すると言います。
そして、入浴前よりも水分量が低い過乾燥肌に。

肌に潤いを与えるイメージがある入浴ですが、肌に備わっている保湿物質が一時的に流出し、肌の水分を保てなくなるのです。
なので、バスルームを出て、濡れているヘア&ボディを拭いてからが本当に忙しい!!
顔や体に保湿をしたり、シートマスクをしたり…モーレツにバタバタです。
入浴でリラックスした気持ちなど、一気に飛んでしまいます。

ある実験により、入浴前より皮膚水分量が高いのは入浴後10分までと。
つまり、保湿リミットは〝10分〟
私は入浴後3分以内に保湿をしないと肌が乾いていくのが分かります。
だからこそ、簡単で時短になる『インバスケア』が重要なのです。

村上智子

天使のララ スキンケアシリーズを活かして、村上流インバスケア

まずはお風呂に入る前の準備。

お風呂の準備

湯船にお湯をため、バスソルトを入れます。
バスソルトや入浴剤を入れると発汗や入浴後の温もりの持続が違います。
室内をミスト状態にするために熱いシャワーを出し、モヤモヤっとしてきたら〝インバス〟環境の完成です。

バスルームへ入る前の肌と髪に!

天使のララ モイスチャーゲルにライスキャリアオイルを混ぜ、顔(目元以外)に塗ります。
量は肌の乾燥度によります。
ハリトリートメントにもライスキャリアオイルを少量混ぜ、毛先を中心に塗布し、ラップまたはシャワーキャップをします。

2度湯船に浸かることが村上流!
いよいよ浴室内でのケア。

1度目の湯船

顔のマッサージを行います。
顔の血流が悪いとむくんだり、顔色も悪くなります。
モイスチャーゲルを塗った顔をやさしくマッサージしたり、ツボを押して血流を良くします。
ほんの2〜3分でOKです。
このマッサージをすると入浴後にシートマスクをしなくても大丈夫。

湯船から出て髪や体を洗う

事前にハリ トリートメントとライスキャリアオイルのパックをしているので、シャンプー後のトリートメントは、時間をおく必要はありません。
洗髪後に天使のララ ソープで泡洗顔。
私は首や耳周り、デコルテまで洗います。

2度目の湯船

ボ〜ッと頭の中をからっぽにして足の指を広げたり、首を回したり、静かに呼吸をします。
ゆったりと湯船に浸かりながら「今日も一日ありがとー!」…これも心のインバスケアです。

湯船から出て

バスルームの中で、ボディクリームを塗ります。
この時、バスソルトを入れた良質なお湯を全部拭き取る必要はありません。
多少濡れていても気にせずボディークリームを塗ります。
その後に髪をタオルドライ。

ここまでが浴室の中で行うインバスケアです。
浴室内でしっかりケアしているので、バスルームから出ても焦る必要はありません。
インバスケアのおかげで焦らなくとも、過乾燥にならないのです。

30分もあれば十分に終わってしまうインバスケア。
いかがでしたか?
入浴からベッドに入るまでも時短になり、体も冷めず美しい眠りへとつながります。
そのうえ、起きた時の肌はピカピカです♡

良いものはいい…本気でおすすめします!

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE

記事カテゴリ